小顔整顔、美容整体を学ぶブログ

Blog

【ニキビの仕組みと根本改善】なぜ、日本アナトミック整顔整体アカデミーの小顔整顔と美容整体が効果的なのか?

 

こんにちは。解剖生理学と東洋医学に基づいた小顔整顔と美容整体の日本アナトミック整顔整体アカデミーです。

受講のご案内はこちらです。

 

なぜ、エステではない日本アナトミック整顔整体アカデミーの小顔整顔や美容整体が大人ニキビや吹き出物に効果的なのか?解剖生理学や東洋医学に基づいてお話させていただきますね。

この記事の目次

●ニキビのステージ(種類)
●一般的な改善方法
●ニキビと間違えられやすい症状
●それでも治らないニキビの正体
●東洋医学のニキビへの考え方
●解剖生理学からのニキビへのアプローチ
●栄養学からのアプローチ
●日本アナトミック整顔整体アカデミー【JAA】のニキビへの小顔整顔や美容整体のアプローチ法

 

ニキビのステージ(種類)

一言でニキビと言っても【大人ニキビ】【乾燥性ニキビ】【思春期ニキビ】など色んな言い方があります。
ニキビにも軽症から重症なものまでありますが皮膚生理学的にはどのように区分されているか、ご存知でしょうか?
まずはニキビのステージからご説明しますね。

ステージ1(白ニキビ)

別名、閉鎖コメドなどとも言われる初期的な症状です。皮脂の角栓が浮いてきて黄色っぽいにきびのものまであります。(この時点では化膿していません。)正常な肌の状態でしたら特に特別なお手入れをしなくても黄色っぽい角栓コメドはクレンジングで除去出来ますし、白ニキビは洗顔の際にポロッと取れたりします。

ステージ2(黒ニキビ)

別名、開放面皰(めんぽ)とも言われます。この時点では炎症は起こしておらずコメドが酸化した状態でまだ、化膿していませんのでニキビ跡にはなりません。
ただ、このタイプのニキビが顔全体に多く出来る場合は皮脂分泌が非常に盛んで、紫外線により皮脂が酸化しやすい状態が考えられます。
また、使用されているスキンケアに鉱物油系成分(最近のいい方ではミネラル配合など)が多く含まれ成分が酸化する事によりコメドの酸化を促している場合があります。

ステージ3(赤ニキビ)

白ニキビの炎症が始まった状態です。理論上は黒ニキビも炎症を起こすと赤ニキビとなりますが実際は黒ニキビはそのまま黒くゴマの様な状態で肌にいつまでも留まる事が多いようです。

赤ニキビは痛みやかゆみを伴うので、かなり気になり始める方が多いですね。

ステージ4(黄ニキビ)

化膿ニキビなどとも言われます。膿が溜まっていますのでジクジクと痛かったり痒かったり、かなりつらくなります。
また、一つの毛穴に皮脂腺はいくつもあり、膿を出したとしても同じ場所に繰り返し化膿ニキビが出来るという悩みも多く聞かれます。
このニキビの特徴はなんと言ってもニキビ跡が残る事です。
ニキビは潰すと痕が残るからいけないと聞いた事がある方も多いと思いますが、化膿ニキビは膿そのものが強酸性で皮膚たんぱくを溶かしてしまいますので、潰さず自然に膿が出てくるのを待ってもニキビ跡が残ってしまいます。

ニキビのステージを考えるとステージ2、出来ればステージ1の段階でニキビ改善した方がいい事が一目瞭然です。

一般的なニキビの改善方法

白ニキビや角栓が浮いた黄ニキビの様な状態のものは肌タイプにあったクレンジングや洗顔で肌が整います。

ただ、いわゆる乾燥ニキビ、大人ニキビの様な「乾燥肌なのにニキビが出来ている」状態はニキビを気にするあまり洗浄力の強いクレンジングや洗顔を使い皮膚のバリア機能破壊により雑菌が入りやすくなりニキビになっていますので強いクレンジングや洗顔をやめ、保湿する事でニキビが出来なくなる場合が多いです。

また、赤ニキビなどによく使われるサリチル酸配合のクリームや洗顔は思春期の本当に皮脂の過剰分泌の場合はさておき大人の肌で使うと、ニキビのない肌にまで炎症を起こしてしまう場合があります。

ニキビと間違えられやすい症状

ニキビと間違えられやすい症状としてアレルギー反応があります。
普段何気なく使用しているドラッグストアで購入したシャンプー、コンディショナー、ボディーソープにはケミカルなものが多く配合されており、中でも合成界面活性剤などは必ずと言っていい程、配合されています。
洗顔クリームなどにも含まれておりますので、過剰な洗顔で肌のバリアー機能を低下させるだけでなくその上、合成界面活性剤などのケミカルな成分を肌に残せば当然、アレルギー反応は出ます。このアレルギー反応を起こした結果として赤ニキビでかゆみや痛みを伴う事が非常に多いのです。

それでも治らないニキビの正体

これまでニキビの種類やステージ、改善方法を書きましたが、それでも改善しないニキビは多くあります。
特に口の周りに繰り返し出来るこもったニキビ。中には口周りだけでなくお顔のある特定の決まった位置に繰り返し生理周期に合わせてできたりする方も多いのです。

このようなニキビは「年齢と共になくなっていく」事はなく、何かしら改善しなくてはいけません。

1番、多いのはハーブなどの特別なエステや美容皮膚科による特別なケアだと思いますが、根本改善がされていませんので数カ月後にはまた、発生します。

では、なぜ効果がないのか?その理由は身体の血液循環と水分の循環にあるからです。

「なんで顔なのに身体なの?」と思われる方も多いと思います。

顔は身体の状態を示す鏡です。だから、身体の状態を改善せずに、症状のある顔だけをケアしても問題の根本的な改善にはならないのです。

東洋医学のニキビへの考え方

東洋医学の文献では【ニキビ】という表記ではなく【尋常性痤瘡】や【嚢炎】と言われます。
また、東洋医学の興味深いところは皮膚の上に出た結果(症状)に対する処置ではなく経絡の不調和を改善する事で結果として皮膚上の結果を改善するという事です。

その意味では湿疹も蕁麻疹もアレルギーもアトピーもニキビも同じなのです。

実際、私(倉橋)自身も重度のアトピー性皮膚炎の方の鍼灸治療をしてきましたが現代医学で考えると肌にクレンジングもクリームも塗らず、鍼灸をする事で改善する事は考えられないのです。ですが、実際は鍼灸で気血水を整える事で症状は改善していきました。そしてこれは、鍼や灸を使わずとも東洋医学の考えで美容整体や小顔整顔の手技をする事で鍼灸師の資格のない方にも実現可能なのです。

解剖生理学からのニキビへのアプローチ

 

では現代医学的に考えるとニキビの改善は難しいのか?というとそうではありません。
ただ、同じ現代医学、解剖生理学であっても見る視点角度の違いがあるのです。

たとえばクリニックに行けば薬が処方されます。これらはアロパシーという考えの元、行われています。

アロパシーとはたとえば「痛いのであれな痛みを取る」「痒いのであれば痒みを取る」というような、いわゆる対処療法です。
これはこれで非常に重要な考えで、現代人は多くの恩恵を受けています。

ただ、私たち日本アナトミック整顔整体アカデミーは解剖生理学もアロパシー的な考えではなく【ホメオスタシスを整える】という観点に立って考えています。

 

ホメオスタシスとは【生体の恒常性】といい【体温や血圧、体液の浸透圧や水素イオン指数などをはじめ病原微生物やウイルスといった異物の排除、創傷の修復などの免疫機能】など人間が健康である状態を保つ事です。

この考えは東洋医学の【気血水】という考えと全く同じであり、日本アナトミック整顔整体アカデミーは美容を整える事で体も整えるという観点を持ちました。

栄養学からのアプローチ

分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)療法はご存知でしょうか?
今までのアロパシー的な考えでは病を薬や手術で治療するという考えでしたが、この分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)療法の考えは医師が身体の中でどの栄養素が足りないのか?検査しサプリで栄養を摂取する事で身体の状態を改善するという内容です。

私たちは医師ではないのでもちろんこのような事は出来ません。疾患の方もサロンには来られないと思います。

ただ、ニキビのお悩みにもやはり偏った食事があり、足りない栄養素があります。
日本アナトミック整顔整体アカデミーでは、これからの時代のセラピスト、エステシャンの方に美容であっても、その根本にある状態を見極める知識を身に着けていただくために、手技や座学の講習以外にもドクターなどから直接、受講できる栄養学の講座などもしております。

日本アナトミック整顔整体アカデミーのニキビへの小顔整顔や美容整体のアプローチ法

 

これまでも書いてきましたように日本アナトミック整顔整体アカデミーの小顔整顔、美容整体は忠実に【解剖生理学、東洋医学】に基づき、ホメオスタシス、気血水を整える手技です。

小顔整顔で小顔になるのは当たり前で、いかにその先にある未病の状態を改善するか?

美容整体でバストアップや美脚、ヒップアップ、ウエストのくびれは当然で、いかにその先にある未病の状態を改善するか?を考えています。

今回の記事のニキビへのアプローチですが、特別、ニキビ専用の手技があるわけではないのですが元々、手技の中に美容の改善と共に、気血水、ホメオスタシスを改善する手技が含まれているので自然と一緒に改善するのです。

日本アナトミック整顔整体アカデミーの小顔整顔や美容整体はこのような状態の身体をただほぐすのではなく【筋肉、筋膜、筋間中隔、リンパ反射、神経反射、血液反射、経絡矯正、気血水調整】を矯正するように行います。

そして結果として長年、改善しなかった症状が美容の改善と共に自然と改善していきます。

しかも、日本アナトミック整顔整体アカデミーのテキストは

●解りやすい一般用語による解説
●解剖学用語での解説
●東洋医学での解説
 

 

を写真入りでご用意し、柔道整復師、鍼灸師の二人の講師が丁寧に指導します。

だから初心者の方も卒業する時はプロフェッショナル!になり、逆に医療従事者の方で解剖生理学は解るけど美容の事が全く解らない状態であっても解剖生理学と美容の症状を絡めながら解りやすく解説いたします。

勿論、すでにサロンを開業されている場合も、すでにある既存のメニューとも相性の良い、相乗効果のあるメニューです。

 

日本アナトミック整顔整体アカデミーは解剖生理学と東洋医学に基づいた小顔整顔、美容整体の手技でホメオスタシス、気血水を整える【美容以上治療未満】の【美と健康を繋げるサロン】を目指す本物志向のセラピスト、エステシャンのためのスクールです。


The following two tabs change content below.
倉橋 美保子

倉橋 美保子

東洋医学講師、鍼灸師
自宅サロンからスタートし40歳前にして鍼灸師の資格を取得。日本の繊細なテクニックで美容と健康をつなげるセラピスト育成を目指しています。
詳しいプロフィールはこちら
  • JEOAの小顔整顔とは(アナトミック経絡洗顔)
  • JAOAの美容整体とは(アナトミック経絡整体)

解剖学と東洋医学から美容を学ぶ!本物志向のセラピスト、エステシャンのための
日本アナトミック整顔整体アカデミー

  • お電話でのお問合せ:
    06-6882-0118

プロフィール

日本アナトミック整顔整体アカデミー

大阪の小顔技術と美容整体のスクール【日本アナトミック整顔整体アカデミー®】です。

過去記事

無料パンフレット請求